理由

しじみを食べる事で防止できる病気

今多く人が生活習慣病の予備軍といわれています。
生活習慣病とは、偏った食生活、乱れた生活リズム、ストレス過剰、運動不足、喫煙などいろんな要素が組み合わさっておきてしまう病気です。
生活習慣病の場合、肥満体になる場合が多いのが特徴です。

生活習慣病はが原因となっておきてしまう病気には命に関わる病気がたくさんあります。
日本人の死亡原因で一番のがんや心疾患、脳の病を引き起こすきっかけにもなります。
また一生病気と付き合っていかなければいけない糖尿病にもなってしまいます。

ただ単に太ってしまった、生活習慣病は誰でもなるものと軽視してはいけません。
そんな食生活を改善するためにも、体にいいものを積極的に摂取する必要があります。
そんな食品の一つにあげられるのが、しじみです。

しじみには小さい身にも関わらず豊富な栄養素が含まれています。
具体的な栄養素としては、アミノ酸、ビタミン類ミネラルがたくさん含まれています。
しじみはアミノ酸の中でもオルニチンという成分が豊富に含まれていることで有名です。

オルニチンには、成長ホルモンを活発にする働きがあります。
これによって基礎代謝がたまり、脂肪分が消化されます。
積極的に摂取することで、ダイエット効果があり、メタボ予防につながります。

そしてもう一つ有名な要素としてタウリンというアミノ酸があります。
タウリンには肝臓の働きを助ける働きがあります。
タウリンは胆汁の分泌を促進する効果があります。

なので肝臓の解毒作用をより高めてくれることで、肝臓への負担が軽減されます。
肝臓は沈黙の臓器といわれるほど、悪化するまで症状としてでてきません。
しじみを摂取することで肝臓の機能の向上をあげ、脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝臓がんなどの病気の予防につながります。

ビタミン類の中でも、ビタミンB12が豊富に含まれています。
ビタミンB12には、肩こりや腰痛に効果があるということが分かっています。
また鉄分は貧血予防に効果があり、亜鉛は味覚障害の予防につながります。
多くの病気の予防につながるしじみは、積極的に摂取したい栄養素だといえます。

このページの先頭へ