理由

しじみの平均的な価格は?

しじみはスーパーなどでも売られています。
産地である島根県や青森県などでは、需要も多くよく見かけられるのではないでしょうか。
ただし他府県においては、そこまで身近なものではないので、どのぐらいの金額で販売されているのか知らない人が多いです。

そこでしじみの平均的な価格はどのぐらいなのでしょうか。
宍道湖産や十三湖産などが人気が高く、しじみの中でもブランドといってもいい商品です。
水質がいい環境で育ったものは、栄養素が豊富でうまみ成分もたくさん含んでいます。

しじみは活き蜆や冷凍蜆や工品という形で販売されていることが多く、旬は年に2回あります。
夏の土用蜆の時期か冬の寒蜆の時期のどちらかになります。

その時期以外のものは冷凍蜆を扱っています。
活きしじみは、一番値段も高く1キロ3000円から5000円ほどの値段がします。
それに比べて冷凍の場合は、1キロ2000円台から販売されています。

またしじみの価格は大きさによっても異なります。
大きさは、小型、中型、大型の3種類に特型が加わるものもあります。
しじみは生存年数によって大きさが変わってきます。

特に大きいしじみを一定の量確保するのはとても大変です。
なので大きければ大きいほど高価になります。
小型のものが1キロ2000円台で販売されていますが、大型や特台にものは4000円から5000円近くの値段で販売されています。

中型のものはその間をとって3000円前後の商品が多く販売されています。
ただし冷凍の場合は、活き蜆に比べて大きさによってこれほどのひらきがなく販売されている場合が多いです。
ここ数年の間にとても増えてきているのが、輸入物のしじみです。

特に中国産は20%近くを占め、価格もとても安いです。
1キロあたり1000円未満のものが多いので、国産に比べると半分以下です。
ただしほとんどが冷凍蜆となります。
しじみの価格は大きさや保存状況、原産国によって価格の違いが出ます。

このページの先頭へ