理由

しじみが一番取れる時期は?

私たちの日常の食事の中で使用される食材には、必ず旬というものがあります。
今では栽培の技術が上がり、いろんな野菜が年中食べることができるようになりました。
それは野菜だけではなく、魚介類においても同じことがいえます。

秋といえばさんま、冬には牡蠣など時期によって旬の魚介類がありました。
今では養殖が盛んになり、どの時期でも多くの魚を楽しむことができます。
中でも年中収穫することができて、食べることができる魚介類の一つにしじみがあります。

しじみは基本的に年中収穫することができます。
しかし産卵期や時期によって、よりおいしく食べられる時期があります。
なのでその時期に合わせて、収穫量を多くしている場合が多いです。

一番おいしく食べられるのは、7月から8月の夏の時期です。
夏の時期はしじみにとって産卵期に当たります。
この産卵期には身が最も大きくなっていてプリっとした身を味わうことができます。
しじみの身をおいしく食べたい人には一番いい時期です。

収穫の中でも最も多い時期は、夏の時期にとられる土用のしじみといえます。
その次によく収穫されるのが、1月から2月にかけて収穫される寒しじみです。

この時期は冷たい水の中で育っているため、とても身がしまったしじみを採ることができます。
ギュッと栄養素が凝縮されていて、よりコクのあるダシを取ることができます。

蜆汁などダシをおいしく食べる調理法の場合は、寒しじみの方がよりコクがでるといわれています。

これらの特徴を考えたうえで、よりおいしく食べられる時期に合わせて収穫が行われます。
しじみの場合は、砂抜きをしてすぐに冷凍保存をすることで、品質を保つことがでいます。
冷凍保存することで、しじみに含まれるオルニチンが8割以上増えるということが分かっています。

オルニチンは肝臓の解毒作用を助ける働きがあります。
なので肝臓の負担を軽減することができます。
このようにしじみの旬の時期に多く収穫して、冷凍保存して販売している漁協も多いです。

このページの先頭へ