理由

しじみが嫌いな人でも食べれる料理

昔からしじみは体にいい成分だということは、多くの人に知られています。
その要因の一つに、二日酔いの翌日の朝食に蜆汁を飲むといいと知られています。
今では実際飲んでいる人は少ないかもしれませんが、今でもその風習が残っている地域もたくさんあります。

特にしじみの産地である、島根県宍道湖や青森県の十三湖などでは蜆料理が大変親しまれています。
体にいいものと分かっていても、なかなか毎日の食事の一つに取り入れにくい場合もあります。
豊富な栄養素が分かっていても、なかなか食卓にのぼることが少ないのではないでしょうか。

その要因としてあげられるのは、しじみのおいしい食べ方があまり知られていないということがあげられます。
さらに貝を食べるときに誰もが一度は経験したことがある、砂を食べてしまう瞬間が嫌だと感じる人もいます。
もしかしたら身を食べるときにジャリッとするかもしれないと思うと、積極的に調理しない人も多いです。

しじみに関しては淡水や汽水域似生息しているため、湖や河口で収穫されています。
生息している地域によっては、泥臭い匂いを感じる場合もあります。
一度そのような体験をしていると、苦手だと感じてしまうでしょう。

しじみには身が小さいにもかかわらずとても豊富な栄養素が含まれています。
なので貝まで食べたほうが、本当は栄養素をしっかりとることができます。
しかし抵抗がある人は、まずはしじみでダシを取ったおみそ汁などを飲むことから始めてみるといいでしょう。

砂を食べてしまうこともないですし、おみそ汁の味がベースにあるので出汁の風味だけをおいしく感じることができます。
しじみの場合は死んでしまった貝を事前に見極めなければ、味を損なってしまう可能性もあります。
またそのほかにも身の大きさがあり、大きいものであれば3センチほどのものもあり、身がふっくらしているものもあります。
特に夏の産卵時期に収穫される土用しじみが、最も身が多くて食べ応えがあります。
しっかり砂抜きを行い、酒蒸しをして火を通した後に味付けをすることで、独特のにおいなどを消すこともできます。

このページの先頭へ