理由

しじみは日常生活にどう影響する?

私たちの食文化はここ数十年においてとても大きく変化しています。
一番の変化は、和食から洋食中心の食生活になったことがあげられます。
核家族化が増えたことで、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に過ごすことが減りました。

それによって和食を食べる機会が減ってしまっている家庭も多いです。
もちろん理由はそれだけではありません。
核家族なることで共働きの家庭が多く、食事に時間をあまりかけれないという家庭が増えています。

すると時間がかかる煮物などの和食が減り、簡単に調理できるものや揚げ物などの総菜などが多くなってしまいます。
このようにいろんな要因から洋食が増えて、肉中心の食生活が増えてしまいます。
どうしても魚介類の摂取が低下してしまっているのが問題視されています。

そんな日常生活に必要な栄養素を摂取する為に、しじみを摂取するのがお勧めです。
貝の中でも小さいため、あまり食べてことがないという人も多いでしょう。
しかし、小さな身でありながら豊富な栄養素が含まれていることが注目されています。

しじみには、アミノ酸などの良質なたんぱく質と、豊富なビタミン類が含まれています。
アミノ酸の中でもオルニチンという成分が一番摂取できる食品として知られています。
オルニチンは肝臓の解毒作用を助けてくれる働きがあります。

なので二日酔いの翌日に、しじみ汁を飲むと体にいいといわれています。
お酒を頻繁に飲む人にとっては肝臓に負担がかかる生活になっているので、肝臓を強化するためにもしじみはお勧めです。
しじみの効果はお酒を飲む人だけではありません。

またしじみには多くの鉄分が含まれています。
普段から貧血気味だと感じる人は鉄分の補給に効果が期待できます。
また体調を崩しやすく、風邪などを引きやすいに人にもお勧めです。

しじみに含まれるミネラル成分が、感染症の予防につながり、免疫力を高めてくれます。
なので体が疲れていると感じやすくなった人にお勧めです。
また損ほかにも、健康診断などで血中のコレステロールが高い人にもおすすめです。
コレステロール値を低下させる効果があるタウリンが豊富に含まれているので、成人病や生活習慣病の予防につながります。

このページの先頭へ