理由

しじみの摂取量が多い所は?

しじみというとどの程度食べられていますか?
普段の食卓ではあまり見かけることが少ない食品ではないでしょうか。
昔から体のいいものとして知られてる食品ですが、同じ貝の仲間であさりやハマグリなどと比べると、あまり食卓に上ることはありません。

できれば積極的に摂取したいしじみですが、実際どのぐらいし摂取量をとっているのでしょうか。

年間でしじみ対して使用する金額を比較してみると、一番摂取している地域がよくわかります。
一年間で使用する全国的な金額は、500円という調査結果が出ています。

例えば、同じ貝類でかきの全国的な支出金額が1000円なので、半分以下の金額となっています。
なので全国的にみると、頻繁に食卓に上るものというものではないということが分かります。
そんな全国的に支出量が少ないしじみを、数倍以上消費している地域があります。

それは島根県の松江市です。
年間のしじみの支出金額が2000円近くとなっています。
約4倍い近く支出しているということはそれだけ多く摂取している地域だといえます。

ダントツで島根県の摂取量が多いですが、全国平均よりも2倍近く摂取しているところは他にもあります。
そのほかの地域としては、水戸市、秋田市、青森市などがあります。
年間1000円以上のしじみを摂取しています。

これらの地域の共通点というと、やはりしじみの産地であるということです。
島根県には産地で一番有名は宍道湖があります。
なので昔から食べるという習慣が身についている地域といえます。

水戸市には涸沼でとれるものが親しまれています。
秋田市や青森市の場合は十三湖で収穫されるしじみを好んで食べられています。
このように身近に摂取できる地域ほど、昔から食べる習慣が当たり前のようになっています。

しじみ汁だけでなくつくだ煮、しぐれ煮などにして長期間食べることができる保存食にもなります。
それだけでなく冷凍することで、より栄養素が豊富になることが分かっています。
しじみに含まれるオルニチンは冷凍することで成分が8倍以上高まります。
旬の時期は春ですが、冷凍することで年中食べることができる食べ物です。
だからこそ産地ではいつでも消費量が変わることなく親しまれている食品だといえます。

このページの先頭へ